メインイメージ画像

機器の劣化の危険性

普通の人には全然入退室管理チェッカーですが、昨今は、どこの会社でも導入している、情報管理には欠かせない製品です。このような特殊な電子機器は、どこのお店で購入したら良いのでしょうか。量販店では見かけた事が無いので、専門の会社でないと販売していないのかと思っていましたが、探してみたら、家電でも人気のある、世界的な電化製品の会社のサイトに製品が載っていました。会社向け販売なので、価格や詳しい事はホームページには掲載がありませんでしたが、フリーダイヤルで問い合わせたり、ショールーム見学にいけば、実物を見たり金額が解ります。

必要なセキュリティ対策なので、有名なメーカーを選ぶと良いでしょう。

自営で、経費節約のために中古の電子機器の購入を考えているなら、金額だけに目がくらまないように注意しましょう。中古品販売の販売額の決め方は、機械の劣化度です。そういう訳で、完全同じ製品でも、稼働実績が多く劣化しているものは、安価で販売されています。

中古OA機器を購入する時は、保障してくれるかどうか必ず聞きましょう。そのほか、以前のデータが残っていないかは、重要なポイントです。例えば、以前の所有者のデータの残っているコピー機を使ってファックスを送信した時に、知らずに全く関係のない会社に機密情報を送信してしまう事も考えられます。ですので、費用を抑えたいからといって、値段だけで中古品を選ぶのはやめましょう。